文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

剪定枝のリサイクル

樹木はそれぞれ樹種が特殊な葉・樹皮・樹形をもっています。本来、その特徴を鑑賞できるようのびのびと大きく育てるのが理想ですが、公園外周の樹木や街路樹など、付近住民と接しているものについては。剪定が必要です。公園緑化協会では、これらの樹木剪定により排出される剪定枝のリサイクル事業を行っています。

樹木はそれぞれの樹種が独特な葉・樹皮・樹形をもっています。本来、その特徴を観賞できるようのびのびと大きく育てるのが理想ですが、公園外周の樹木や街路樹など、付近住民と接しているものについては、剪定が必要です。

状況に応じて剪定します。

剪定すると、たくさんの剪定枝ができます。それらを一箇所に集めます。

集められた枝葉を細かく破砕します。(直径35ミリの孔を通る程度)

チップが完成しました。そのまま樹木のマルチング材として利用します。また、一部はバーク堆肥にします。

マルチング材として、公園の植栽帯に敷均します。1.雑草を抑制・土の流出・硬化防止2.保水性の向上3.美観向上などの効果があります。

チップをバーク堆肥にするためには、菌のはたらきで分解しなければなりません。そのためには、水と酸素が必要です。

空気を含ませるようにふんわりとした山を作りながら、ほどよく水を補給します(握るとだんごができるぐらい)。米ぬかや促進剤を混ぜると、より効果的です。条件を整えてやると、分解が始まります。

仕込み後は養生にはいります。チップの山のなかでは、菌が水分と空気をつかってどんどんチップを分解していきます。しかし、このままでは水と酸素は不足してしまいます。そうなると、菌のはたらきは低下し、分解はすすみません。

そこで、水分と酸素を補給するため、切返し(天地返し)をします。状態をみながら完成までに、数回切返します。

数回の切返しの後、分解がすすんで温度がさがると完成です。土壌改良材として使用することができます。最初の体積の6割ぐらいになります。


チップの変化


チップ・バーク堆肥の提供について

こんなときはご相談ください。

  1. 町会・自治会などで公共地の緑化活動
  2. 保育所・幼稚園・小学校・などの緑化活動
  3. マンションなどの共有地の緑化活動
  4. 学校等で教育を目的とした土壌改良を行う場合
  5. 学校等で教育を目的とした資材として使用する場合